シリカ(珪素)

シリカ(珪素)とは

シリカ(ケイ素)はコラーゲンの生成に関わる必須ミネラルです。

シリカ(ケイ素)は私達の体内に存在する必須ミネラルです。コラーゲンの生成に関わり、張りのある肌や美しい髪や 爪を保ち、骨を強くして血管をしなやかに保つなどの働きがあります。 シリカ(ケイ素)が不足すると、美容面では肌の弛みやシワ、爪がもろくなる、髪が細くなるなどの影響が出ます。
また健康面では免疫力が低下したり、骨や血管がも脆くなったり、関節が弱くなったりします。 骨密度を高める働きはカルシウム以上との研究報告もあり、骨粗しょう症の予防効果も期待されています。

私達の体内では、20代をピークにシリカ(ケイ素)を蓄える能力が徐々に低下していきます。外見や身体の老化現象の 多くに、シリカ(ケイ素)不足が関連していることが近年の研究で明らかになりつつあります。 現代食生活において シリカ(ケイ素)を充分に確保することは困難と云われています。毎日僅かなシリカ(ケイ素)を摂取することで、 充分な量を無理なく補うことができます。

シリカ(ケイ素)が不足すると大変なことになります。

シリカ(ケイ素)が不足すると記憶力の低下、爪の割れや変形、皮膚の弛み、脱毛、などの危険信号が現れ、 血管の健康、現代病に対する抵抗力の低下など色々な症状をきたします。シリカ(ケイ素)は皮膚に最も多く分布し、 爪、毛、髪、そして骨にも比較的多く分布しています。

骨の成長維持にはシリカ(ケイ素)が必要ですが、加齢と共に皮膚の中のシリカ(ケイ素)含有量は減っていきます。 シリカ(ケイ素)の補給は、コラーゲンを増強し若々しい素肌美を叶えます。
現代の食生活では、精白穀類の主食 白米、精白パンや加工食品の利用が多く、シリカ(ケイ素)の摂取は非常に少なく自然食品への復帰で完全栄養を期すことの重要性を示す多くの根拠があり、シリカ(ケイ素)の 確保もその一環になっています。

シリカ(ケイ素)活性ミネラル濃縮溶液